病気・怪我

骨折入院日記(1)

1月27日土曜日、僕は新宿の片隅で密やかに酒を呑ってをりました。そして翌28日の朝、事件は起きたのです。酩酊しながら、と或るビルの階段を降りていたところ、足を踏みはづし転倒いたしました。立ち上がって歩こうとするのですが、右足に力が入りません。痛くはないから、しばらく休めば大丈夫なはづ。

しばらく休んでも、でんでん動けそうにありません。タクスィーで病院へ行くことにしました。いろんな人の助けを借りてタクスィーに乗り込んでから、病院へ電話をかけます。専門医が不在だからとか、新宿区民ぢゃないからとか、いろんな理由で幾つもの病院に診療を断られます。やっと受け入れてくれる病院が見つかり、レントゲンを撮ったところ、ななななんと膝を骨折してをりました。←タイトルでヴァレてます。

ただ手術の必要はなく、患部を固定してしばらく入院すれば治るとのこと。ちょっとホッとしてベッドに横になって居るとだんだん足が痛くなっていきます。大怪我をした直後に痛みを感じないのは、大量のアドレナリンが分泌されるからだそうです。なんと紛らわしい。あの時痛ければQQ車を呼んでたのに。

激痛のため起き上がることもできづ、トイレにも行けません。初骨折で初入院そして初尿瓶ですよ。ちなみに最近は尿瓶ではなく尿器と言うそうです。プラッチック製だから?

病室は二人部屋でカーテンで仕切られてをりました。お隣さんは認知症の進んだ御爺様で夜通し「警察を呼んでください」と叫んで居ました。時にはボコボコと看護師を殴る音が聞こえてきました。また別の時には、看護師が何かガサゴソと処置をして、すると御爺さんはピタッと静かになりました。一体何をしたのだろう。音しか聞こえないのでわかりません。とても怖かったです。

薬の密輸

大量のザイロリック「なんかもう、面倒臭くなってしまって。」よし子は俯きながらぶっきら棒に呟いた。

とゆー訳で、痛風の僕は病院に行くのをやめました。いえーい。となると薬を処方してもらえなくなるので、これまで1日2錠呑んで居たのを1錠にして一時凌ぎをすることにしました。すると案の定宍戸錠宍戸留美、足がふんわりと痛みはぢめる訳です。

やはり1日2錠は必要なんだとゆーことになり、通販でザイロリックを購入することにしました。シンガポールから届きました。個人輸入なんだね。たぶん合法です。

お値段は、500錠で13,380圓でした。1錠あたり26圓。病院で処方してもらうと25圓でさらに保険適用で3割負担だから、通販のほうが大分お高いように感じます。が、病院だと診察料とか検査料とかイロイロ付いて月一の受診で3,000圓くらいになるんですよ。通販だと26圓×2錠×30日で1ヶ月あたり1,560圓、こっちのほうがお得。だったら奮発して1日3錠呑んでもいいくらいです。そうしたら酒の量も増やしていいんでしょ?

ね。痛風は一度患うと一生治らないと言われる理由が垣間見えた気がします。

ポケモンGOを待ち切れない

恒例の血液検査の結果です。

3月の検査結果 4月の検査結果 5月の検査結果 6月の検査結果 基準値
GOT/AST 70 46 27 26 10〜40
GPT/ALT 77 90 42 38 5〜45
γ-GTP 226 138 38 51 0〜70
尿酸 9.1 5.7 3.6 4.1 3.4〜7.0

もう数値も安定してるし、このまま行けばいいと思うんだけど、まーた血液検査をしました。何度やっても同じだと思うんじゃが。ジャガ!問診の内容も毎回同じです。酒はどれくらい呑んで居るか、運動はして海豚、どんな仕事をして入鹿。仕事は毎回聞かなくてもいいじゃろ。ジャロ!覚えろとは言わないけど、カルテに書いておけ。

この無意味な検査と診察に毎回お金を取られて居ます。もう病院行きたくないナリ。ちゅーか、せめてネットde予約できるところにしたいですわ。炎天下の中、受付するのに1時間前から並んで、更に診察まで1時間待たされるのはもううんざり。

Ingressさて、話は変わって、ポケモンGOがなかなか配信されないので、待ち切れづにIngressを始めてしまいました。Ingressっちゅーのわ、ポケモンGOを開発したナイアンティックが開発した神社仏閣巡りゲームです。

都市部ではどうだか知りませんが、住宅地ではポータルが神社とか公園に設置されて居ることが多いので、それを巡礼していく感じになります。このIngressのポータルとポケモンGOのポケストップが大体同じ場所にあるそうなので、ポケモンGOの予習にもなる訳です。

とか言いながら、Ingressにハマり始めて居る僕が居ます。両方同時にやるとなると電池が持たないよね。