病気・怪我

抜釘入院日記(1)

拝啓 風花舞う向春の砌、冬将軍が過ぎるのを待ちながらペンを執っています。皆様におかれましては益々御健勝のこととお慶び申し上げます。

ちゅー訳で、2月5日から抜釘手術のために入院し、9日に退院して、今この日記をしたためてをります。IT技術の進歩した今日、入院ちうのベッドで書(や)ることも可能だったのですが「日記は酒を呑(や)りながら書(や)るべし」といふ古の教へに従って、本日のご報告となりましたことをお詫び申し上げます。アーメン(またはエイメン)。

2度目の入院&手術なので余裕をぶっこいて居たのですが、前日の夜になって急にそわそわ不安に成って参りました。自づと酒も進んでしまうのですが、もう術前の検査は済んでいるので思う存分アレしました。

2月5日14時からの入院です。ナースステーションから2番目に遠い病室でした。良かった、優良患者抑留される部屋です。レンタルの寝巻きに着替えれば、患者モードのスイッチが入ります。ベッドに横になり、窓の外を見て最後の一葉を探します。見つかりません。←4階ですよ。ハッ!4・・・・死!

久しぶりの通院

拝啓 お正月の喧騒も過ぎ、ベランダのシクラメンが鮮やかに咲く中でペンを執っています。皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、5ヶ月鰤に病院へ行って参りました。今回は抜釘手術の日程を決めることになってをります。抜釘手術とわ、骨折箇所を固定するために体内に入れているボルトやプレートを取り出す手術のことです。

まづわ、いつも通り再来受付機で手続きを済ませてからレントゲン撮影へ。次に診察の順番待ち。予約時間通りに行っても小一時間程待たされます。手術が可能かどうか、レントゲン写真だけではわかりにくいとゆうことで、CTで記念撮影することに。きゃー、被曝します。

CTが終わって、また診察の順番待ち。小一時間程待たされます。手術OKをいただきました。ただし、1年前の血液検査の結果を見る限り、肝臓関連の数値が良くないので麻酔医が嫌がるかもしれないとのこと。と脅されながら、術前検査へ。血液検査、心電図、胸部のレントゲンです。

そしてまた診察の順番待ち。3回目の小一時間です。もし血液検査の結果が悪かったら、禁酒宣言をしなければならないと絶望の淵を彷徨いながら待ちます。結果、肝臓関連の数値は基準値内でした。はい、今まで通り呑み続けます。呑んでも良いのです。科学的な裏付けがあるのです。医者がそう言って居ます。←言ってません。

ちゅーことで、2月5日に入院、6日に手術とゆーことに成りました。

敬具

気になる風景

団栗

拝啓 秋の日はつるべ落としと申しますが、まさに其れを実感する今日此の頃です。皆様におかれましては、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。

ちゅー訳で、散歩をしていて団栗につまづいて転びそうになるのは、足を怪我して居るからなのか、年のせいなのか、自問しながらただただ歩き続けてをります。最近は怪我の調子もすっかり良くなり、ちゃんと地面を踏みしめて歩くことができるようになりました。

其んな道すがら発見したヘンなモノをご報告します。

豊田朝市の看板

豊田朝市の看板

豊田朝市の看板です。文字を野菜で表現するといふ意匠を凝らした傑作です。だた、草間彌生の意味がわかりません。髪が緑だから別人なのでしょうか。水玉模様と不機嫌な表情から彌生ちゃんを連想してしまうのは私だけではないはづです。

八幡神社エントランス

八幡神社エントランス

ポケストップの八幡神社エントランスです。いやエントランスて。神社は入り口、ディスコはエントランスと小学校で習ったではないですか。ちなみに、ディスコはディスコティークの略です。

敬具