ウォーキング

気になる風景

団栗

拝啓 秋の日はつるべ落としと申しますが、まさに其れを実感する今日此の頃です。皆様におかれましては、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。

ちゅー訳で、散歩をしていて団栗につまづいて転びそうになるのは、足を怪我して居るからなのか、年のせいなのか、自問しながらただただ歩き続けてをります。最近は怪我の調子もすっかり良くなり、ちゃんと地面を踏みしめて歩くことができるようになりました。

其んな道すがら発見したヘンなモノをご報告します。

豊田朝市の看板

豊田朝市の看板

豊田朝市の看板です。文字を野菜で表現するといふ意匠を凝らした傑作です。だた、草間彌生の意味がわかりません。髪が緑だから別人なのでしょうか。水玉模様と不機嫌な表情から彌生ちゃんを連想してしまうのは私だけではないはづです。

八幡神社エントランス

八幡神社エントランス

ポケストップの八幡神社エントランスです。いやエントランスて。神社は入り口、ディスコはエントランスと小学校で習ったではないですか。ちなみに、ディスコはディスコティークの略です。

敬具

はぢめての御散歩

退院後はぢめて、通院以外で外出しました。何か用事があった訳ではないのだけれど、筋トレのための御散歩です。普通ならば退院後はすぐに通勤等で毎日外出するのでしょうが、僕の場合は自宅で神に祈るのが仕事なので、此れ迄まったく外へ出ることがなかったのです。其れでわいけないと思い、今更ながら外出する決意をした訳です。

先週の時点で、右足に3分の2の荷重をかけて良いことになっているので、松葉杖をつきながら両足で歩く感じです。楽勝だと思ってをりましたが、ここで日頃の筋トレ不足が仇となります。30分も歩くと膝や足首は痛み筋肉も怠くなって、もう歩けない感じに。そう思っても時すでに御寿司。帰り道も30分は歩かなければなりません。

散りはぢめた桜を愉しむ余裕もなく、死に物狂いで帰宅しました。

鈴川鯉のぼりまつり

皆さん御存知の通り、現在、鈴川鯉のぼりまつりが絶賛開催中です。

僕は、一昨年、ウォーキングをしている途中でこのまつりを偶然発見しました。それ以来、毎年この時期には鈴川沿いのコースを歩くことにしてをります。だって男の子だもん。家庭で要らなくなった鯉のぼりを集めて、こうやって泳がせてるそうですよ。

5月5日と云へば、童謡「背くらべ」ですね。

柱(はしら)のきずは おととしの
五月五日の 背くらべ
粽(ちまき)たべたべ 兄さんが
計(はか)ってくれた 背のたけ
きのうくらべりゃ 何(なん)のこと
やっと羽織(はおり)の 紐(ひも)のたけ

なぜ去年は計らなかったのか、これを考えると夜も眠れません(三球・照代)。