仕事

ケツ・お尻・ヒップ。これで臀部。

こんばんわ&こんばんわ。弊社は3月決算のため今は法人税の確定申告で天屋碗屋です。今まで個人の所得税申告は難なくこなしてきたので甘く考へてをりましたが,この法人税とゆうヤツはとてつもなく難解です。自分でヤるものではないの鴨しれません。税理士の仕事を増やすためにわざと難しくしているに違いありません。

ちなみに,税務署から送られてきた書類のほんの一部を紹介します。

  • 別表一(一) 「普通法人(特定の医療法人を除く。)及び人格のない社団等の分」の申告書
  • 別表二 同族会社等の判定に関する明細書
  • 別表三(一) 特定同族会社の留保金額に対する税額の計算等に関する明細書
  • 別表四 所得の金額の計算に関する明細書
  • 別表五(一) 利益積立金額及び資本金等の額の計算に関する明細書
  • 別表五(二) 租税公課の納付状況等に関する明細書
  • 別表六(一) 所得税額の控除及びみなし配当金額の一部の控除に関する明細書
  • 別表十五 交際費等の損金算入に関する明細書
  • 別表十六(一) 定額法又はリース期間定額法による減価償却資産の償却額の計算に関する明細書
  • 別表十六(ニ) 定率法による減価償却資産の償却額の計算に関する明細書
  • 別表十六(六) 少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例に関する明細書
  • 別表十六(七) 一括償却資産の損金算入に関する明細書

これで全部じゃないんですよ。他にもあるんですよ。キチガイです。ファックミーです。

気になるのは,コレ全部別表なんですよ。本表がないんですよ。しかもほとんどの書類のタイトルが「〜に関する明細書」となっているのですが,「〜に関しない明細書」とゆうのもあるのでしょうか。

頭に来たので,かわちゃんヲリヂナルのわかりやすい確定申告書を作ってみました。国税庁は此れを見習ってもっとシンプルな申告制度を作るように(命令)。

かわちゃん謹製わかりやすい申告書
国税庁のバカが作った申告書

会社設立(5)〜ドウヅといゆ名の悪夢〜

今日,会社の登記が完了したと連絡がありました。といっても会社の設立日は登記申請をした日でそれは6月6日です。2006年なので6が並んで御目出度いですね。

で,履歴事項全部証明書(登記謄本)と印鑑証明書,定款の謄本等々が送られてきたのですが,定款がなんとフロッピーデスクなのですよ。電子認証だから元のデータも紙に書かれたものぢゃなくて電子データなのでしょうが,今時フロッピーデスクのドライヴなんて持ってませんよ。なんと時代遅れな電子なのでしょう。

ところで,さっきから電子電子と言ってますが,本当は「電気認証」に「磁気データ」ですね。そうゆうのをひっくるめて電子と呼ぶのはなぜなんでしょう。電気メールが電子メールだからでしょうか。

さて,この2週間,僕は何もせづにボーッとして居たのかとゆうとそんなことはありません。新しいパソコンを買いました。プリンタとかその他諸々欲しいものを思うままに買いました。会社の備品だと思うとなぜか無駄遣いができてしまうのが不思議です。←オマエの脳味噌が不思議です。

パソコンは,まっきゅminiにしました。Boot Camp でドウヅもイソストールしました。ドウヅもサクサク動くし問題なしです。新しく買ったばかりの Bluetooth のキーボーヅとマウスが使えないことを除いてわ。そして,ドウヅをイソストールしたその日にウイルスに感染したこともここにソッと記しておきます。

会社設立(4)〜100萬圓〜

アルミサッシを食べる夢をよく見るのですが,病名をご存知の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

定款の認証が終わりましたよとゆう連絡があったので出資金の払い込みに行って参りました。昔は払込金保管証明書とゆうモノを銀行に発行してもらわなければならなくて,しかも銀行も渋々とゆう感じで面倒だったらしいのですが,新会社法では通帳のコピーを提出すればいいことになりました。

とゆう訳で,僕のやるべきことは次の通り。

1.自分の口座へ出資金を振り込む(ネットバンキング)
2.通帳記入(ATM)
3.通帳をコピー(コンビニ)
4.ポストに投函

田舎に住んでいるとこれが案外大変な作業なのです。まづ,覚悟を決めて通帳記入のできるATMまで45分歩きます。靴下を履かづに出かけたので,途中で靴擦れしてかかとの皮がベロンと剥けてしまいました。我慢できないほど痛い訳でもないのですが,どうも気になります。男の子といゆのはいつの時代も皮の剥け際に敏感な生き物なのです。

途中のコンビニで絆創膏を買ってかかとに貼りました。しばらく歩いてると絆創膏がはがれてきます。今度は3重に貼ってみます。それでもやっぱりはがれてしまいます。絆創膏でわなく靴下を買うべきでした。

さらにてくてく歩いてようやく通帳記入をすることができました。そしてさっきのコンビニまで戻ってコピー。またまた戻ってポストへ。ATMとコンビニとポストが1カ所に集まってないので同じ道を行ったり来たりです。

3回目に例のコンビニの前を通った時には酒という名の清涼飲料水を買いたい気持ちで一杯でしたが,我慢して家に帰ってから今年一番旨いビールを呑みました。