乱れて咲いても花は花

今までまっきゅで音楽を聴くために使って居たイヤホンが壊れて仕舞ったので新しいのを購入致しました。で、去年、まっきゅの OS を Tiger から Snow Leopard に更新したことを思い出しまして、とゆうことわ bluetooth のプロファイル A2DP に対応してるとゆうことでありまして、ならば青歯対応のヘッドホンorイヤホンを購入しようということでありましてッ!

今回購入したのはLogitec社謹製の LBT-HP120C2 です。音質はどうかとゆうと、低音が出てなくて今市市な感じです。前に使って居たのは鯨マイクでお馴染みのSennheiser社謹製の有線イヤホン、其の前に使って居たのはソニー社謹製の赤外線無線ヘッドホンだったのですが、音質は僕が今まで使ってきたヘッドホンの中で最悪です。まあこんなもんなのでしょう。ワイヤレスを買うなら其の分チョト御高めのを選ばなければならないとゆうことです。

で、こいつには3Dサラウンドモードとゆうのが搭載されてをりまして、スヰッチを押す度に、3D+低音高音ブースト→3D→OFFと切り替わるのですよ。しかしながら、切り替えてみても今どのモードか判らんの。判らんちゅーの。僕はそんな安っぽいサラウンドモードなんか嫌いなので是非OFFで聴きたいんです。たぶんいちばん大人しい音のヤツがOFFなんだろうとゆうことで、其のモードで聴いて居たんです。・・・何か物足りない。とゆーことで結局3Dサラウンドモードで聴くことにしましたよ。よく解りました。このサラウンドモードとゆーのわ、音質の悪さを誤魔化すために搭載されて居るのです。

しかしながら、ワイヤレスの利点とゆえば矢張り、ナイスチューンを聴き乍ら踊れるとゆうことですよね。ね?ね?・・・本日は試聴がてら踊り狂って仕舞いましたので明日の筋肉痛が心配です。

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)