Macの画面が真っ白になって起動しなくなったときの対処法

Mac

へろー、エヴリワン。暇を持て余す師走の夜、Mac上のVirtualBoxにUbuntuをインストロールして遊んで居たんです。インストロール担当大臣に任命されて早二十有余年の私くしですから、何の問題もなくスルリスルリとインストロールは進行してゆく訳です。

で、チョツト目を離した隙にフリーヅして居る訳です。俗に云う天使のいたづらですね。マウスポインタも動かないし、叩いてもどうにも成りません。最終手段の電源OFFですよ。躊躇う必要はありません。他に方法が無いのですから!

そして、おもむろに電源を再投入したところ、Macの画面は真っ白なまま沈黙。私くしもしばし沈黙。ね。←何が。

Macが起動しないときの対処法を調べて、いろいろやってみます。

  • SMCリセット(電源ケーヴルを抜き15秒おく)
  • PRAMリセット(電源を入れた直後にcommand+option+P+Rを長押し)
  • セーフモード(電源を入れた直後にshiftを長押し)
  • リカバリーモード(電源を入れた直後にcommand+Rを長押し)
  • インターネットリカバリー(電源を入れた直後にcommand+option+Rを長押し)
  • シングルユーザモード(電源を入れた直後にcommand+Sを長押し)
  • 起動ディスクの選択(電源を入れた直後にoptionを長押し)
  • Apple Hardware Test(電源を入れた直後にDを長押し)

全部やって全部駄目でした。もう新しいのを買うしかないのかしら。2009年製のMacです。10年使うてるからね。寿命鴨ね。其んなことを思ひながら真っ白な画面を眺めて居たら、6分経過したところで起動しはぢめました。6分ですよ。カップラーメンが2杯造れます。←同時に造れ。

ちゅー訳で、誰も教へて呉れないMacが起動しないときの対処法は、唯唯松です。

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)