抜釘入院日記(2)

拝啓 三寒四温の候、何色が咲くかわからぬままだった水栽培のヒヤシンスが黄色い花を咲かせました。皆様におかれましては益々御健勝のこととお慶び申し上げます。

入院すると、朝晩にバイタルチェックをします。体温や血圧を計るのです。僕は血圧が高めなので、高いと言われるんぢゃないかと思って土器土器するとますます高くなってしまいます。2日目の朝は上が200とゆう新記録を叩き出してしまいました。看護師は慌てて「もう一度計ってみましょう」と言うけれど、何度か計っていちばん理想的な数値を採用するのは正しいやり方なのでしょうか。

さて、2日目は手術の日です。朝の9時から、全身麻酔であっとゆう間に終わりました。こんなのが出てきました。

術後は、酸素マスクを付け、足にはポンプを付け、心電図モニタを付け、点滴を打つとゆう重装備です。前回の手術の時は、これに加えて局所麻酔と尿道カテーテルがあった訳です。今回はカテーテル無しです。がっかり。

その日のうちに酸素マスクは取れ、翌日にはポンプと心電図も取れました。だんだん身軽に成ってゆく。点滴はなかなか取れません。それどころか、新しい別の点滴を追加されます。この後僕は38度の熱を発し、身体には発疹が表れます。

熱が出た夜は、誰かに頭をバシバシ叩かれる夢を見たり、大地震が起きたような錯覚を起こしたりしました。抗生物質の点滴が原因ではとゆーことになり点滴は中止に。怖い怖い、死んじゃう。

後で薬剤師が来て、薬の説明。この抗生物質にアレルギーが有る可能性があるので覚えてをいてくださいと。

セファゾリンナトリウム

覚えられねえよ。

敬具

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)