iPhone

iPhoneのバッテリー交換をした

拝啓 冬将軍はもうすぐそこまでやってきています。皆様におかれましては、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。

iPhone のバッテリー交換プログラムの期限が12月31日までなので、やってきました。バッテリー交換プログラムとわ、通常8,800圓かかるバッテリー交換が、保証期間内なら無料、期間外でも3,200圓(税込3,456圓)になるとゆう乞食ホイホイプログラムです。

まづわ、アップルの正規サービスプロバイダに予約を取らなければなりません。12月はきっと混雑するだろうから、11月のうちにやってしまおう、俺って頭いい!と思って鱈、11月でも1週間先まで予約一杯でした。みんな考えることは同じなのね。

予約用のウェブページから申し込むんだけど、簡単には予約できそうにないので、しばらく予約開始のメカニヅムを確認するために電柱の影からコッソリ見守ることにしました。調査の結果、毎日午前11時に1週間後の11時の予約受付が開始され、20分おきに1週間後のその時間の予約受付が開始される模様。これわカメラのキタムラの場合です。アップルストアや他のお店は受付開始のタイミングが違うと思います。其れ以外では、キャンセルがあったとき等に、不定期に予約できることがあります。どっちにしろ早押し大会なので、数秒で埋まってしまいます。

其んな此んなで、11月14日午前11時の予約をとることができました。本当は午後にのんびりやりたかったんだけど、其んな贅沢を言える状況ではありません。予約取りの現場は戦場です。

カメラのキタムラららぽーと湘南平塚店に予約時間の3分前に到着すると、もう先客が居ました。ちゅーか僕がいちばん最後だった模様。フライングづるいよね〜。←お前もな。受付を済ませて店内で待機。自分も含めて3人居ました。ちゅーか、平塚にららぽーとが出来たんですよ!

バッテリー交換は20分程で完了しました。アップルからアンケートメールが届いたら、担当者のディエゴがいい仕事をしたと云えと強く念押しされました。ディエゴの判子がかわいい。

ディエゴ

この交換で、バッテリーの最大容量が79%だったのが100%に成りました。これであと3年は使えるで。想定外だったのは、交換後のバッテリーは充電されていないとゆうこと。17%でした。僕はモヴァイルヴァッテリィがあったので助かりましたが、皆様ご注意ください。iPhone 内のデータは消えるとか消えないとか必づ消去されるとか、色んな情報がありますが、僕の場合は消えていませんでした。

ちゅーことで、そのまま帰るのもなんなので、1年鰤のヒトカラに行ってきました。はぢめて LIVE DAM STADIUM の部屋に通されました。精密採点DX-Gは精密採点DXよりも高得点が出やすいようで、気分が良かったです。もうみんな100点でいいよね。辛口の採点をする意味がわかりません。楽しませるのがお前らの仕事ぢゃないん?みんな100点でいいよね(再)。

カラオケの得点

The Stone Roses の I Wanna Be Adored で自己ベストの94.221点を獲得しました。そろそろ歌手デビューやね。

敬具

iPhoneの画面が割れた

画面が割れたスマホを使って居る人を見ると何をしたらそう成るんだといつも不思議に思って居たのですが、謎が解けました。落としたらそう成るんです。

おわかりいただけただろうか。斜めに3本ほど線が入って居ます。最上川の急流を彷彿とさせますね。iPhoneの写真をiPhoneのカメラで撮ることができないので、Mac付属のカメラで撮りました。2009年製のMacだからなのか、画質が悪いね。

でもですね、リスクマネジメント能力に長けた弊社はちゃんと液晶保護のガラスフィルムを貼っていたのですよ。剥がしたガラスがこちら。

なんとゆう高画質。やはりiPhoneのカメラは素晴らしいね。キラキラしてます。割れ目がキラキラしてます。本体のほうは傷一つ付いてをりませんでした。毎回、液晶保護フィルムは貼って居たのですが、役に立ったのを実感したのははぢめてなのでなんだか嬉しいです。

ちゅー訳で、本日、Amazonで新しい液晶保護ガラスを注文しました。今度はブルーライトカット機能が付いてるヤツです。実わ掛けて居る眼鏡もブルーライトカット仕様なのですが、老眼のため眼鏡をはづしてスマホを見ることが増えてきたので、威力を発揮してくれることでしょう。

Powerbeats3 Wireless を購入した

BeatsのBluetoothイヤホン Powerbeats3 Wireless を購入しました。

Powerbeats3 Wireless

AppleのAirPodsも魅力的だったのですが、いつまでたっても発売されないので。あと、見た目もダサいしね。で、同じW1チップを搭載したコレにしてみた次第です。

丸1日使ってみての感想。とにかく iPhone との接続が簡単。普通のBluetoothイヤホンだと、Bluetoothの設定画面を開いて〜とやらなければならないのですが、Powerbeats3 Wireless は電源を入れると iPhone にこんなポップアップが。

Powerbeats3 Wireless のポップアップ

で、接続ボタンを押せばすぐに繋がります。素敵!嬉しくなって、接続を解除してもう1回電源を入れてみると、今度はポップアップが出てきません。きゃー、騙されたわ。所詮ワイヤレスなんてこの程度だわ。繋がるかどうかわ五分五分。シドニー・ゴブ。二萬も払って損したわ。訴訟だわ。と思ってよく見るともう繋がってました。2回目からわ電源を入れるだけで繋がるようです。きゃー、素敵!

さて、期待していなかった音質ですが、期待以下でした。Beatsはドンシャリだと伺っていたのですが、シャリシャリでした。低音が出ないのはワイヤレスだからしょうがないのか。私は音質に拘るならスピーカーで聴け協会の副会長ですので、まーこれは妥協しましょう。

ちゅー訳で、早速 Powerbeats3 Wireless を装着してウォーキングに出かけてきました。ポケモンGOが捗ります。ポケモンが出ると音で知らせてくれるので、スマホをづっと手に持って居る必要がありません。ポケストップに近づけば音が鳴るので廻し忘れもありません。←音楽聴くんじゃないんかい。ちゅーか思ってた以上に頻繁にポケモンが出没するのでうるさいくらいです。雑魚ポケモンは音を鳴らさないように設定できるよう要望したい気持ちで一杯ですが、あのクソヤンキー企業がそんな繊細な機能を搭載してくれる訳がないですね。←ヘイトスピーチ。