怪我

気になる風景

団栗

拝啓 秋の日はつるべ落としと申しますが、まさに其れを実感する今日此の頃です。皆様におかれましては、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。

ちゅー訳で、散歩をしていて団栗につまづいて転びそうになるのは、足を怪我して居るからなのか、年のせいなのか、自問しながらただただ歩き続けてをります。最近は怪我の調子もすっかり良くなり、ちゃんと地面を踏みしめて歩くことができるようになりました。

其んな道すがら発見したヘンなモノをご報告します。

豊田朝市の看板

豊田朝市の看板

豊田朝市の看板です。文字を野菜で表現するといふ意匠を凝らした傑作です。だた、草間彌生の意味がわかりません。髪が緑だから別人なのでしょうか。水玉模様と不機嫌な表情から彌生ちゃんを連想してしまうのは私だけではないはづです。

八幡神社エントランス

八幡神社エントランス

ポケストップの八幡神社エントランスです。いやエントランスて。神社は入り口、ディスコはエントランスと小学校で習ったではないですか。ちなみに、ディスコはディスコティークの略です。

敬具

全治とカンチとYシャツと私

今日でリハビリ終了しました。いえーい。診察はまだまだ続きます。手術から1年くらいは診るそうです。次は2ヶ月後。その後には抜釘手術もしなくちゃならないし、膝の靭帯が伸びているから、それもやっちゃう?的な話もされました。道のりは長いですな。

取り敢へづ、日常生活にほぼ支障がないくらいには回復しました。出来ないことは、走る、しゃがむ、正座する、酒を断つくらいです。

ところで、全治と完治の違いを御存知だろうか。全治とゆうのは治療に要する期間のことだそうです。僕の場合は全治1年以上といふことになりそうです。結構な大怪我ですね。完治とゆうのは、全治のあと日常生活を支障なく出来るように成ることだそうです。完治と言われると「カーンチ、ファックしよ」といふあの名台詞を思い出すのは僕だけではないはづです。