敷金返還戦争(5)〜マイ父は生きていた〜

約束通り今月中に業者から電話連絡が入りました。黄金週間なのにご苦労様ですね。で,どんな話をしたのかよく覚えてをりません。とゆうのも,これを書いて居るのは6月29日ですから。2ヶ月も前の話ですから。

電話を終えてから,近くで聞き耳を立てていたマイ父(久々に登場)が「俺が代わりに言ってやろうか?」としゃしゃり出てきました。丁重にお断り申し上げました。原状回復のゲの字も知らないマイ父にこの交渉ができる訳がないのです。

そこで思ったのですが,大家さんも原状回復についてちゃんと理解していないからこんなに話がこじれるのですね。ヘタすると業者もちゃんと理解していないようなのです。最初に僕がガイドラインに沿ってやりましょうと言った時に,そのガイドラインは東京だけで神奈川は関係ないと言ったんですから。東京ルールとごっちゃになってる。東京ばな奈。←関係ないことを言うのは止しましょう。

今日はひとつミスをしました。期限を切るのを忘れました。今度はいつ連絡がくるのだろう。

(鳴らない電話を抱きしめながら,つずく)

敷金返還戦争(4)〜アヒル隊長Premium〜

前回の連絡から54日が経過しました。まだアイツから電話はありません。3月は忙しいだろうからと黙ってましたが,そろそろ我慢の限界です。あまり僕を怒らせると頭から突起物を出しますよ。←おもしろくない。

で,こちらから仲介業者に電話をしました。

業者「いやー。オーナーさんとなかなか連絡が取れなくて。」

大家さんのせいにしやがった。田代め(2度目)。とゆうことで全く進展なし。ただ前回までと大きく違っていたのは業者の態度でした。以前は客を小馬鹿にしたような,うまく誤魔化そう騙してやろうという臭いがプンプンしていて殆ど喧嘩だったのですが,今回は割と穏やかな感じ。方針を変えたのでしょうか。いや,僕の酒の量が関係しているのか。←それそれ。

また待たされると困るので,今月中に再度連絡するよう言って電話を切ったのでした。

(つずく)

敷金返還戦争(3)〜イヤミザンス〜

それから1週間後,仲介業者から電話がかかってきました。ちょうど晩飯の宴の後だったので,またしても僕は酩酊気味です。我が家では昼飯にはビール,晩飯には日本酒が必づ出てきます。

業者「やはりクリーニング代は借主負担でお願いします。大家さんはそれが当然だと認識しています。」
かわ「それわ大家さんの認識が間違っているのでしょう。クリーニング代は払いません。退去時に通常の掃除はしたのだから。」
業者「いや,結構汚れてましたよ〜。」(嫌みっぽく)

ムキーーー!なんて失礼なヤツなんだ,田代よ。←実名報道。そもそもそれわオマエの個人的な意見だろう。大家さんがそう言ってたのか?身の程をわきまえろ。等と思いながら私またまた暴走。喧嘩腰。何をしゃべったかよく覚えてません。酒は魔物ですね。ちゅーか,ここまででクリーニング代請求の根拠が「契約書に書いてあるから→みんな払っているから→汚れているから」とコロコロ変わっている。

業者「キッチンのクッションフロアは汚れがなければ張り替えなくても済むはづだったモノなので,全額借主負担でお願いします。」
かわ「だーかーらー。4年間住んでいたことを考慮すれば全額負担にはならないでしょう。もし裁判したらそうゆう判決が出ますよ。」
業者「そうでもないですよ。」
かわ「具体的な判例を挙げよ。」
業者「以前フローリングにキズを付けたお客様が・・・」
かわ「フローリングは経過年数を考慮しなくて当然だろ。このバカチンが!」

其んな感じで華麗にそして軽やかに論破して差し上げました。この1週間,仕事もロクにせづに原状回復の勉強をした甲斐があったといゆものです。もう内容証明の書き方や少額訴訟の起こし方までしっかり調べて居た僕なのでした。

ちなみにクロスの張り替え費用は大家さん60%,かわ40%で合意できました(この時はそう思っていた)。まだまだ先は長そうです。

今日までのアレ
  かわの主張 大家の主張
ルームクリーニング 全額貸主負担 全額借主負担
キッチンCF張り替え 経過年数を考慮して! 全額借主負担
クロス張り替え 経過年数を考慮で合意
ナントカエルボー 細かいモノは後回しに

(つずく)