城ヶ崎裕子は今・・

ちゅーことで、マイまっきゅの内臓HDDが死亡寸前なので、HDD交換の見積依頼を2つの業者にしてみました。1つめの業者は諸々込みで29,900圓。此れプラスこちらからの発送費用もかかるから参萬超えちゃう。結構高えな。そしてもうひとつの業者はなんと「できません♪」とゆう回答。なぬ!?

なんでも、2009年以降のiMacの内臓HDDは特別なもので、アップルの正規販売代理店ぢゃないと手に入らないということらしい。正規品じゃないものを取り付けると温度管理ができづ、冷却ファンがフル回転し続けるそうです。つーことは何よ、1つめの業者に頼んで鱈、ファンが轟音を響かせ続けるまっきゅを使うハメになっていたのか。セカンドオピニオン大事。

かと言って、五萬も出して正規店に頼むのもイヤづら。此処から先の僕の苦悩をダイヂェストでどうぞ。

いっそのこと外付けHDDを起動ディスクにしてしまおうか。
 ↓
なんならHDDぢゃなくてSSDにすれば高速になるんぢゃないか。
 ↓
マイまっきゅの接続端子はUSB2.0かFireWire800だけど・・。
 ↓
やっぱFireWireがイイよね。
 ↓
FireWire接続の外付けSSDなんてどこにもないぢゃないか!
 ↓
もうまっきゅを分解して内臓HDDをSSDに交換しちゃおう(ニヤ)。

とゆうことになりました。

次回予告:内臓HDD交換顛末記

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)