俺という名の職業

議決票今月あたりで海苔乗り日記を書りはぢめて丁度13周年です。最初の頃は日付を付けていなかったので大体です。10周年は全く祝わづ華麗にスルーしたのに13周年は祝います。ぽめれちょう、俺。この日記に御祝いのコメントが殺到するのが目に浮かびます。目に浮かびます(再)。

とゆう訳で、今月初めに東京地方裁判所から何やら郵便物が届きました。きゃー。もしかしてアレ?←どれ。訴えられる覚えはないと思いながら、もしかして裁判員に選ばれたかとも思いながら封を開けてみると、例の潰れかかってるマンションの元管理会社のアレでした。←マンションが潰れかかって居るわけでわない(たぶん)。

議決票とゆうモノが入って居てこれに記入返信するらしいです。つまり僕は債権者なのでこの会社の再生計画案に対する議決権を持っていて賛成か反対かの投票をするとゆうことらしいです。で、その再生計画案を読んでみてもでんでん意味が解らなかったのですが、僕が預けて居る壱拾七萬圓の敷金のうち返ってくるのは壱萬壱阡六佰圓らしいです。

この11,600圓は数ヶ月以内に返ってくるらしいです。ひゃっほう!これは第2の定額給付金でわ!?←脳天気。でもね、別便で届いたおてまみには残りの敷金も今の管理会社が重畳的債務引受をして居るので大丈夫だと書かれているので大丈夫なのでしょう。重畳的の意味は分かりませんが。

兎に角、敷金の一部が早めに返ってくるとゆうことですよ。ひゃっほう(再)。で、よくよく注意書きを見てみると、議決票の返信期限は6月16日必着でした。きゃー。杉℡雀。議決票を送らなかった場合は反対したのと同じことになるそうです。

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)