お菓子

金利手数料はまさ子が負担します

スコーン花粉のおかげで何もヤル気がしねえよ。とゆー訳で、1ヶ月以上鰤の御無沙汰です。置玉宏です。今日は其んな花粉の野郎を吹き飛ばすために夕方から酒を呑っています。そしてちょうど此のタイミングで花見への誘(いざな)ひメヱルが届いたのですが、行ける訳ねえよ。死ねよ、サクラ。なんつって、花粉症の皆様はいつも花見はどうしてるんでしょうか?

さて此処でウッカリ事項のご報告を。毎月1回のペヱスで実施してをりました御菓子造りですが、2月は造り忘れました。深くお詫び申し上げます。アーメン。

で、今月の御菓子はスコーンです。英国のティータイムに欠かせない紳士淑女の御菓子です。僕も英国の風習に倣って酒タイムにいただいてをります。どんなモノだか分からづにレシピを見ながら造ったのですが、アレですね、ケンタッキー・フライド・キッチン(略してJFK)のビスケットみたいなモノですね。おいしゅうございます(朝子)。

すぎのこ村を忘れるな

黒ごまきな粉クッキー皆さんもうテレヴィは買い替えましたか?ウチのはまだアナグロです。今年から民法放送も画面の右上に「アナグロ」と表示されるようになったぢゃないですか。あの文字が日に日に大きくなっていって2011年には画面一杯に表示されるらしいですよ。

さて、今月の御菓子は黒ごまきな粉クッキーです。正月に実家から切り餅をたくさん貰ってきたのですが、それ用のきな粉が余りそうなのでクッキーに使ってみました。味はなんだかパサパサ。もっと砂糖多めがよかったね。あとやっぱりマーガリンよりバターのほうがいい鴨ね。100%僧鴨ね。

それにしても餅がなかなかなくならないんですよ。磯辺焼きにしたり、象煮にしたり、ラジバンダリー。←ハッ!なぜか一発変換。

お菓子の家(5)

破壊されたお菓子の家今年も何事もなく無事、栗スマスを終えることができました。アーメン。とゆー訳で、拳で上からどーん。

『創造と破壊を栗返し人はオトナになってゆく』
              ゲーテ(1983-2016)

其んな偉人の格言を思い起こさづにわいられません。そしてこの家、意外と頑丈に出来て居て、若干の負傷を伴ったことも付け加へてをかなければなりません。皆さんもお菓子の家をぶっ壊すときは気を付けてください。

さて、今年も残すところあとわづか。僕もそろそろ24時間酒モードに突入してをります。一応、30日まで仕事をするつもりなのですがこれでいいのでしょうか。