キャッシュレス・消費者還元事業はフェイクニュース

キャッシュレス・消費者還元事業

拝啓 天高く馬肥ゆる季節となりました。皆様に於かれましてはお変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

さて、本日よりクソ消費税の増税と同時に、キャッシュレス・消費者還元事業がスタートしました。中小規模事業者でキャッシュレス決済を利用すると5%または2%の還元が受けられるとゆうアレです。

弊社もこの事業に参加すべきかどうか、経営コンサルタント、顧問弁護士、主要株主と相談しましたが、今回は参加しないことにしました。弊社が契約しているクレジットカード決済事業者がそもそもこの事業に参加していないことと、参加を表明しているPayPalが未だに申し込みの受付を開始していないのが其の理由です。参加したくてもできねー。

大体ですね、こういう事業を開始するということについて国から事業者に対して一切連絡がないんですよ。テレビで見たから、インターネットで話題になってるから知ったんです。すべての事業者に個別に通知するのは難しいのかな?と一瞬思ったのですが、税金納めろって通知は毎年来るぢゃねえか!クソが!

とゆう訳で、政府からの正式な連絡がないまま始まったこのキャッシュレス・消費者還元事業は誰かが流したデマなのではないか、フェイクニュースなのではないかと私は考えています。皆さん気を付けて。

敬具

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)