骨折入院日記(1)

1月27日土曜日、僕は新宿の片隅で密やかに酒を呑ってをりました。そして翌28日の朝、事件は起きたのです。酩酊しながら、と或るビルの階段を降りていたところ、足を踏みはづし転倒いたしました。立ち上がって歩こうとするのですが、右足に力が入りません。痛くはないから、しばらく休めば大丈夫なはづ。

しばらく休んでも、でんでん動けそうにありません。タクスィーで病院へ行くことにしました。いろんな人の助けを借りてタクスィーに乗り込んでから、病院へ電話をかけます。専門医が不在だからとか、新宿区民ぢゃないからとか、いろんな理由で幾つもの病院に診療を断られます。やっと受け入れてくれる病院が見つかり、レントゲンを撮ったところ、ななななんと膝を骨折してをりました。←タイトルでヴァレてます。

ただ手術の必要はなく、患部を固定してしばらく入院すれば治るとのこと。ちょっとホッとしてベッドに横になって居るとだんだん足が痛くなっていきます。大怪我をした直後に痛みを感じないのは、大量のアドレナリンが分泌されるからだそうです。なんと紛らわしい。あの時痛ければQQ車を呼んでたのに。

激痛のため起き上がることもできづ、トイレにも行けません。初骨折で初入院そして初尿瓶ですよ。ちなみに最近は尿瓶ではなく尿器と言うそうです。プラッチック製だから?

病室は二人部屋でカーテンで仕切られてをりました。お隣さんは認知症の進んだ御爺様で夜通し「警察を呼んでください」と叫んで居ました。時にはボコボコと看護師を殴る音が聞こえてきました。また別の時には、看護師が何かガサゴソと処置をして、すると御爺さんはピタッと静かになりました。一体何をしたのだろう。音しか聞こえないのでわかりません。とても怖かったです。

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)