薬の密輸

大量のザイロリック「なんかもう、面倒臭くなってしまって。」よし子は俯きながらぶっきら棒に呟いた。

とゆー訳で、痛風の僕は病院に行くのをやめました。いえーい。となると薬を処方してもらえなくなるので、これまで1日2錠呑んで居たのを1錠にして一時凌ぎをすることにしました。すると案の定宍戸錠宍戸留美、足がふんわりと痛みはぢめる訳です。

やはり1日2錠は必要なんだとゆーことになり、通販でザイロリックを購入することにしました。シンガポールから届きました。個人輸入なんだね。たぶん合法です。

お値段は、500錠で13,380圓でした。1錠あたり26圓。病院で処方してもらうと25圓でさらに保険適用で3割負担だから、通販のほうが大分お高いように感じます。が、病院だと診察料とか検査料とかイロイロ付いて月一の受診で3,000圓くらいになるんですよ。通販だと26圓×2錠×30日で1ヶ月あたり1,560圓、こっちのほうがお得。だったら奮発して1日3錠呑んでもいいくらいです。そうしたら酒の量も増やしていいんでしょ?

ね。痛風は一度患うと一生治らないと言われる理由が垣間見えた気がします。

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)