敷金返還戦争(9)〜郵政民営化について〜

内容証明其んな訳で,話し合いでは解決できないとゆうことになったので,内容証明郵便を送りつけ裁判へとゆう流れになります。内容証明を送った時点で大家がヴィヴィって和解になるケースもあるようですが,どうせなら裁判までイッてみたいと思うのが人の性です。なんだか枠々しますね。

内容証明の書き方はネットで探せばいくらでも見つかるのでここで説明はしません。印鑑を押すのですが,認印でいいところを僕はちょっと奮発して実印を押してみました。俺様のヤル気を印鑑で表現した次第です。

さて,これを郵便局に持って行くのですが,最寄りの小さな郵便局では内容証明を扱っていないようです。遠くの大きい郵便局まで行かなければなりません。我が家は山奥なので,30分歩いてバス停まで行きそこからバスに乗ります(近くのバス停は1日3本しかバスが来ないので)。ちなみに最寄りの郵便局でも歩いて50分です。我が街にもっと郵便局を!そしてバスを!

バスを降りてからさらに20分くらい歩きます。もしかしたら乗るバスを間違えているのかもしれません。歩きながら腹具合の異変に気づきます。通りがかったスーパーマーケッツへ入ります。トイレはありません。仕方なく歩き続けます。脂汗が溢れ出てきます。郵便局への道のりがこんなに険しいものだったとわ!やっと郵便局が見えてきました。しかし考えてみると郵便局にもトイレはないのでわ・・。顔面蒼白になりながら郵便局のちょっと先にある市役所に辿り着き排便を完了しました。

郵便局での手続きはあっとゆう間に終わり,無事家路につきました。そして翌日,配達証明書が届きました。

(つずく)

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)