敷金返還戦争(8)〜其れが俺のJustis〜

1週間後の5月24日,業者から電話がありました。約束通りだ。よしよし。毎日のように電話やファックをしているが大家と連絡が取れないとの事。あ,間違えた。ファックスだ。←わざとらしい。

そしてさらに2週間後の6月7日,再び業者から電話がありました。1週間ごとに連絡しろとあれほど口を酸っぱくして言ったのに,役立たづめ。で,やはり大家からの連絡はないとゆうことでした。

3週間に渡って連絡が取れないとゆうことなので,これ以上待てませんとゆうことで話し合いを打ち切る事にしました。担当者がホッとしたような顔をしたことに腹が立ちました。←見えねえだろ。

最後に紙の明細を郵送して呉れるように頼みました。裁判の証拠用に。←きゃー。其処で業者が一言。

業者「あのー。かわさんが訴訟を起こすつもりだとゆうことをまだオーナーさんに伝えていないのですが,伝えたほうがよろしいでしょうかね?」

知らねえよ。

(つずく)

関連する投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)