1ヶ月鰤に病院へ行って参りました。なんかね、痛風の人が何をどうすればいいかってのはネットで調べればわかるので、問診とか必要ないんですよ。ただ薬を処方して、たまに血液検査をして呉れれば其れでいい訳です。でも向こうもお仕事なのでイロイロ聞いてくるのです。酒をどれくらい呑んだかとか。

で、正直に答へると、頭を抱へながらのヲーマイガーッ!みたいなオーヴァーリアクション。酒は1日1杯までにしろって、ヴァカなの?そんなことし鱈、喉がカラッカラに渇いて死ぬわ!これでも1ヶ月あたりの飲酒量は半分に減らしたし、週に2日、休肝日を設けて居るのです。てぃなみに、休肝日は月曜と木曜です。金土日は呑めることになってをりますので御安心を。

大体、酒の呑み過ぎは体に悪いから程々になんてのは誰でも知って居ることです。その程度のことを言って偉そうにしてる医者って何なん。医者なら、思う存分呑っても健康で居られる方法を考へろ。

ちゅー訳で、先月の血液検査の結果を貰いました。

3月の検査結果 4月の検査結果
GOT/AST 70 46
GPT/ALT 77 90
γ-GTP 226 138
尿酸 9.1 5.7

4月は酒をまったく呑んでをりませんでしたので、肝臓関係の数値も改善してます。薬もヤッてたので尿酸値も下がってますね。GPT/ALTだけが上がってるんだけど、これは薬の副作用かね?

って検査結果の数字に一喜一憂することがもう、医者に洗脳されてるってことなんですよね。医者の言うことばかり聞いて鱈、幸せになれません。あいつら病気を治すことしか考えてないからね。